読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

僕はどうしても音楽を読みます。

まずはお聴きください。
 
コレサワ - 君のバンド
 
 
絵柄も歌声もとても「The・サブカル」な感じがして苦手な方も居るかもしれないし、歌詞を悪い方に受け取る人居るんだなとコメント欄で感じました。
 
サラッと言うと、私の好きなバンドはちっとも売れなくてライブハウスでしか聴けないけど、君の好きなバンドはとても売れてていつもテレビで聴けるよね。
私の好きな物を変わってるって言うけど、君が好きなものは本当に君が好きなものなの?
私の好きなバンドがいつかとっても売れたら、君の好きなバンドになるから一緒にライブ行きたい!
 
みたいなことを言ってます。
 
良いところは、相手の嗜好をディスってるようでとても相手のことを愛しているとことです。それを「相手の好きなものを悪く言ってる」までで終わってしまう事があるんですね。
 
 
この歌詞の中に「私の好きな映画は、園子温恋の罪」という歌詞があります。
実はその作品が今、Huluで見られるんです。
しかも2週間無料です!
 
 
脚本を書いてみたり、小話を書いてみたり、歌詞を書いてみたり、作曲を嗜んでみたり、本当に生み出すって魂を削ってる気分になります。言魂という魂がどんどん昇華されてゆきます。
 
こうして日記にしたり、Twitterのような短文をサラサラと書いても削ってしまうので大作を練りたい時はどうしても疎かになってしまう。週刊連載って大変だな。
 
作る人を、流通させる人を、受け取る人をもっと尊敬しよう。